一本歯下駄を習慣化するサブスクリプション紹介画像1

一本歯下駄を習慣化するサブスクリプション

試合の時に、時間と空間を操れていますか? 上手い選手や速い選手、強い選手がたくさんいる中でもリオネルメッシ選手のように時間と空間を操れる選手は限られています。 時間と空間を操れる選手は、動作の概念が違い、みためでは多くの人が気付くことができない違う動きをしています。 一本歯下駄トレーニングが多くのアスリートに支持され、結果に結びついているのも単なる体幹トレーニング、バランストレーニングの領域を超えて、そこの部分が身につけられるからです。 重力と脱力によって、誰よりも一瞬の動きが速く 全身が連動した上で、理想的な着地ができることで誰よりも沢山走れ その上で自分だけがピタっととまれる 立ち止まること、歩くことさえも意味をなし、誰よりも緩急を使いこなせる そういう選手になれる可能性を提供するのが一本歯下駄トレーニングを習慣化するためのサブスクです。 どんなに技術練習を反復してテクニックを高めても、重力と重心を存分に利用できていなければそれが出来ている選手にはすぐに追い付かれてしまいます。 基礎として行われる技術トレーニングよりも、さらなる根幹となるこうした基礎が選手としての可能性を大きく変えることとなります。 この基礎がある選手は、無我夢中の中でコツをみつけて掴んでいく日々をおくれるので、練習もトレーニングも多くの人よりも楽しく感じることができ、楽しい中で成長していくことができます。 一部の選手だけが体現していたこの感覚を一本歯下駄トレーニングを習慣化させることで身につけていきます。 一本歯下駄トレーニングのサブスクリクションでは、筋肉を鍛える、走るでは身につかないからこそ、それができる選手にだけ天才、センスとされていたことにアプローチします。 どんなに努力しても辿り着けないのは、努力の概念や動きの概念の違いにあります。先ずは6ヶ月一本歯下駄トレーニングを習慣化する事で今までの努力や動きの常識の殻を破ってみてください。