きれいごとではないのだが、農園の自活を援ける力になりたい。紹介画像1きれいごとではないのだが、農園の自活を援ける力になりたい。紹介画像2きれいごとではないのだが、農園の自活を援ける力になりたい。紹介画像3きれいごとではないのだが、農園の自活を援ける力になりたい。紹介画像4

きれいごとではないのだが、農園の自活を援ける力になりたい。

定期的にネパールのコーヒーをお届けするサービスです。抽出用のコーヒーメーカーレンタルのご相談も承っております。メール:greens@koenbench.jp 電話:050-8887-6710(担当:江原) 平林金属株式会社は、特定非営利活動法人AMDA社会開発機構(アムダマインズ)と業務提携し、同機構が進めてきたネパールでのコーヒー豆栽培事業を支援しています。ネパール国内でお金を稼ぐ手段、働き口があれば、家族がバラバラにならず一緒に暮らせる。今年1月に空輸した500Kgのコーヒー豆で、約30人の収入機会を創出することができました。次の3トンでは、180人(世帯)以上の収入機会につながるでしょう。本事業を軌道に乗せ、SDGs目標1(貧困をなくそう)の達成に貢献していきます。 平林金属は、ネパールでの雇用機会創出で出来たコーヒー豆を、グループ会社のたからさがし株式会社が行う就労継続支援A型でその加工を受けていきます。作業所のある御津第二工場にてまずはパッケージの箱詰めを開始しました。日本にも、働く能力があるにも関わらず、職に就ける機会に恵まれない人がたくさんいることを知りました。当たり前の世の中に近づくための一つとして。 少し早く目が覚めた日、出社までの時間ってギフトですよね。でもまだ起きあがりたくないなあって気持ち、あります。そんなとき背中を押してくれるコーヒーになりうるのかもしれません。「家族みんなが一緒に暮らしたい。」皆さんの日常使いの豆になれると最高です。 ネパールのストーリーはこちら→ https://koenbench-greens.com/?mode=f1 「定期購入にご賛同いただいた方々」 山陽美業株式会社/光矢工業株式会社/